平成31年4月と令和元年5月からの年度は平成31年度?令和元年度??

平成31年4月1日に新元号“令和”の発表されて、いよいよ5月1日より令和元年になりますね。

4月1日の発表があまりにも話題になったため、4月1日から令和になると勘違いしてしまいそうになっていた私ですが・・・どうやら私だけではなかったようです(^^;)

 

そしてやはり、年度の途中で元号が変わるとなると、年度はどうなるのか気になりますよね。

会社の決算書や自営業・個人の確定申告・・・そしてどうやら令和2年の3月に卒業する学生さんは「平成31年度卒業」になるのか「令和元年度卒業」になるのか気になるようです。

 

中には「元年度というのは存在しない」と言われる方もいますが・・・実はそうでもないようですよ^^

元年度が存在しないと言われる理由

元年度というのは存在しない・・・という方は意外と多いです。

その一番の理由はやはり「聞き慣れないから」という事になるでしょうか。

 

特に大正天皇が崩御されたのは大正15年12月25日だったので、昭和元年が1週間しかありませんでした。

もちろん3月31日までは大正15年度とされ、4月1日からは昭和2年度となるので昭和元年度は存在しませんでした。

 

次に昭和天皇が崩御されたのは年が明けた昭和64年1月7日。
その年度は昭和63年度ですが、4月以降は平成元年度だったので“元年度”というのは確かに存在していました。

 

でも、あまり聞き慣れない言葉なので不思議な感じがしますね。

実は決まりがなかった!?元年度の使用基準

実は元年度に関しては基準という物が存在しません。

よって、企業によってそれぞれに決定しても特に問題はありません。

 

ただし、総務省が「会計年度の名称については令和元年度とする」と発表したので、4月30日とまでは平成31年度と呼ぶようにし、5月1日からは4月1日~令和2年3月31日までを令和元年度とするところが多いようです。

 

そして令和2年3月に卒業される場合は、既に“平成最後の卒業生”と称された学生さんが平成31年3月に卒業されたので、令和元年度卒業とされる可能性がとても高いです。

 

まぁ、学校生活の大半を令和元年で過ごすのですから、そうなりますよね^^

ついでに知っておきたい!領収書の書き方

領収書は平成31年4月30日までは「平成31年○月○日」もしくは「H31年○月〇日」。

令和元年5月1日からは「令和元年○月○日」もしくは「R1○月○日」になります。

 

私も間違えそうなので不安なのですが、令和1年、R元年と書かないようにしたいと思います・・・( ̄ー ̄)

 

そうそう、アルファベットで表記すると“R”ですね。

R1、と聞くと何となくヨーグルトが食べたくなってきてしまいます(笑。

令和(018)に年を足すと西暦になる

例えば、令和元年(1年)に018を足すと019になりますが、これに2を付け加えると2019年。

令和2年+令和(018)=020・・・2020年

という事で、西暦が簡単に計算出来るようになっています。

 

まだまだ知らない方は多いと思うので、雑談のネタに使用してみて下さい。

きっと盛り上がりますよ~(^_-)-☆