モラハラ夫が怖いと思う原因を探る

突然怒鳴り出すモラハラ夫って、本当に怖いですよね。

しかも、怒鳴り出した後は説教に突入して、妻として頑張っているのにも関わらず人格否定までされてしまいます。

 

そして、こちらがどんなにそれを否定しても聞く耳持たず・・・。

 

なので、とりあえず自分が傷つかないようにするために、怒らせないようにするのですが、地雷が多いうえに沸点が低いのでどうにもなりません。

で、モラハラ夫が怒鳴っても自分が悪いのではないのだからスルーすればいいー、と思おうとしてもそれが難しいんですよね。

 

まずは、モラハラ夫の怒鳴りに対するスルースキルを身に着けるとこから始めていきましょう。

 

モラハラ夫が脳内を占める割合を減らす

恋人同士の時とは違って、やはり結婚すると妻としての責任というものが発生してしまいます。

そして夫にも、つい夫としての責任を求めてしまいますよね。

 

でも、自分の要望に応えてくれるはずの夫がモラハラ・・・気が付くと、四六時中夫のモラハラのことばかり考えてしまい、脳内のほとんどは夫のことで一杯になっていることと思います。

 

だから、夫の暴言が脳の全体にダメージを与えてしまう。

 

まずは、意識的に、夫のことを考えるのは脳内の20%までに抑えます。

 

これは、いつかの時代に流行った脳内メーカーの図をイメージすると分かりやすいでしょうか。

ちなみに、これは私の脳内ですが当たってます・・・笑。

 

と、それはさて置いて、夫のことを考えるのはこの中のほんの一部分だけで充分。あとは、自分のことについて考えるようにします。

 

いいですか?そんなに脳の全部を使って、パートナーのことばかり考える必要はないのです。

 

というか、これが夫婦円満の秘訣であるともいえる、結構重要なことでもあります。

 

もちろん最初からは無理なのですが、少なくとも脳内のほぼ全体を夫が占めていたことに気づくだけでも、いざという時のダメージが徐々に減ってくることでしょう。

 

そして徐々に自分の事を考えるスペースができてくるので、そこで結婚する前の自分、学生時代に自分を振り返ってみるのもいいですよね。

きっと、モラハラの時に否定されるような人格ではなかったはずです。

 

そう言った事を日常的に考えることで

 

また怒らせてしまったー、という考えが

⇓ ⇓ ⇓

どうして怒っているのだろう?に変わって来ます。

 

モラハラの被害を受けても実質的な害はない

モラハラは精神的暴力と言われ、世間に幅広く知れ渡っていますが、実は・・・実質的な害は何もないというのが特徴です。

人として、対する人の人格否定や避難・指摘をするのは確かに悪いことですが、相手がモラハラである以上、もっと本質的に物事を捉える必要があります。

 

ただ、威圧されるから怖いと思うのです。

 

いつか暴力を振るわれるかも知れない。

 

いつか経済DV(生活費をくれない)をするかも知れない。

 

でも、それは想像や感覚的なものだけで、実際に暴力は振るわないし、生活費もくれる、子供の面倒も見てくれる・・・。

 

そうやって、実際に夫がしていることを改めて認識することで、夫が実はしょーもない人であることに気づく事ができるでしょう。

 

男性が怒鳴るのと女性が泣くのは同じ事

私の父は、私が末っ子だったこともあり全く怒鳴らない男性だったこともあり、夫に大きな声で怒鳴られること自体に怖いという感覚がありました。

 

でも、女性の泣くと男性の怒鳴るは同じ感覚なのです。

 

女性が怒鳴ろうと思うと、とても勇気のいる事でエネルギーも使いますが、泣くときは自然に涙が溢れ出てきてしまいます。

そして、泣く事はストレスの発散にもなりますね。

 

同じように、男性はごく自然に声が大きくなり怒鳴り声になってしまいます。

そして、怒鳴る事でストレスの発散もしています。

 

だから、決して怒っているから怒鳴っているわけではないのです。

 

特にモラハラをする男性は計算高く、怒鳴りながらも思考はあくまでも冷静で、どうすれば相手を自分の思い通りに動かせるのかを考えています。

ようするに、モラハラはどれだけ相手に恐怖を与えられるかの勝負の場なのです。

 

でも、だからといってその勝負に真っ向から立ち向かうと、モラハラのプロフェッショナルである相手には負けてしまいます。

 

私たちが勝つ唯一の方法は、闘わずにして勝つ。

これしかないのです。

 

そのために、まずはモラハラの怒鳴りを受けてもダメージを受けないスルースキルを身につけましょう。

 

モラハラをスルーするスキルを身に付ける方法

・脳内の夫の存在を20%以下に縮小する

・実質的な害がないことを認識する

・怒鳴る=怒っている、ではないことを知る

 

まずはモラハラ夫を観察する時間を設けよう

今まで知らなかったことを知ることで、すぐに行動に移してしまう女性も多いと思いますが、ここで反撃にでるのはまだ早いです。

 

まずは冷静になり、夫がモラハラをする理由を突き止める事。

 

それが正解かと思います。

 

もちろん、この先、離婚をしないで上手くやっていきたいのであれば・・・ですが、離婚できるなら離婚した方がいいとは誰もが思う事で、もちろん私も今でもそう思っています。

 

そのことを頭の片隅において、モラハラ対策を進めていきましょう。