水害によって車が水没しました!考えられる対策と対応

2018年7月7日西日本集中豪雨によって、わが家も浸水しました。

床上70cm以上。

 

もちろん車も見事に水没しました。

ずっと2階から眺めていたのですが、車って水に浮くんですね・・。

 

今回は水が引いた後に水没した愛車に不思議な現象が起きたので、その現象の内容と今できる対策をお伝えしたいと思います。

浸水・水没した車が起こした不思議な現象とは!?

まず、わが家の愛車の浸水状況としてはシート部分まで水に浸かりました。

これは目視で確認できるのですが水が引いてしばらくすると、キーを挿していないのにエンジンがかかるという現象が起きました・・・(汗。

 

原因は、コンピューターを制御する部分が運転席と助手席のシートの間のフロアの下にあるのですが、そこが浸水したため。

いわゆる“故障”なのですが、向かいの家の車の防犯ブザーが何度も鳴ったり、車屋さんが「他のお宅でもそういった減少で、今、行ってきたところなんですよ」と言われたところを見ると、よく起きる現象のようです。

 

エンジンを止める方法としては、キーを挿したり抜いたりいろいろしてみたのですが、結局はバッテリーを外すしかないようです。

車が水没・浸水した時にまずするべき事とは!?

車がフロア上まで浸水した場合、修理をしても修理代が高い上にまた故障するケースが多いので“廃車”にする方が多いです。

ですが、やはり一応相談するという事と、使えない車を置いておいても邪魔になるのでディーラーさんやJAFに連絡して引き取ってもらう(整備工場に運んでもらう)のが最良の策でしょう。

 

この場合、早めに判断する事で対応も早くしてもらえる可能性が高いです。

遅くなればなるほど順番待ちになったり、サビでエンジンがかからなくなったりするのでまずは車の引き取りを依頼しましょう。

 

その時、保険や修理のこと、台車が可能かどうかも聞いてみるといいですね。

 

まず注意点としては、引き取ってもらうまでエンジンはかけないこと!

これは発火の恐れがあるので、バッテリーのマイナス側のターミナル(電線を接続する部品)を外し、バッテリーと接触しないようにテープを巻くなどの絶縁処置を施す必要があります。

また、ハイブリッド車や電気自動車は漏電・感電の恐れがあるのでむやみに触らないようにしましょう。

水没した車は車両保険で対応できる!?

我が家の愛車は車両保険に入っていなかったので保険はおりませんでしたが

自動車が風や集中豪雨、ゲリラ豪雨、堤防の決壊による河川の氾濫等で水没してしまった場合、原則として車の損害額から契約時に設定した免責金額(自己負担額)を引いた金額が、車両保険金として支払われます。

保険会社によって異なります

【適用災害】
台風・竜巻・洪水・高潮

【一部損害】
車両保険金=車の損害額 ‐ 免責金額(自己負担額)

【全損】
車両保険金=車両保険+車両全損時臨時費用※
※車両全損臨時費用:保険金額の5~10%、上限10~20万円

【等級】
1年間1段階下落(保険料上昇)

 

但し、地震・津波・噴火などの場合は特約を結んでおく必要があることも多いので、保険契約時にしっかり確認や相談をしておきましょう。

水没・冠水・浸水した車は修理したらまた乗れる?

意外と水の侵入に弱いのが車。

エンジンはもちろんですが、運転席と助手席の間のフロア下にあるコンピューターが水につかったらアウト!

 

修理代は高く、修理してもいつどんなトラブルが起きるかわかりません。

しかも・・車内の悪臭は日が経つにつれて酷くなり、どんなにクリーニングしても完全にニオイを取り除く事ができないのです。

よって完全に水没した車は全損扱いになり、廃車にする人が多いです。

車両保険なし、台車なしの我が家はどうなったか・・・

そもそもが10年以上前の車を親戚から譲り受けた我が家の車は、もちろん車両保険には入っていませんでした。

そして最初に台車をお願いしたものの、個人の車屋さんだったためか台車が家まで回らず・・・しばらく車ナシの生活を余儀なくするハメになってしまいました。

 

でも数日後、義父が車を貸してくれることになり、何とか身の回りのモノなど買いまわれるようになりました。

 

そして義父が車を買うということで、お借りしていた車はそのまま譲り受けることに♪

 

もし車が廃車になり台車も借りることができない状況なら、車を買い替える予定がある知り合いがいないか、あまり乗っていない車を所有している知り合いがいないか、片っ端から連絡してみるのも一つの方法ではないかと思います。