回避依存症の彼氏と結婚しても幸せになれる?

彼氏が回避依存症で問題があると分かっていても、結婚してしまう事があります。

 

理由は、

  • 30代後半ぐらいになり結婚に焦っている
  • 性格には問題があるけど収入が高く安定している
  • 結婚したら彼も変わるかも知れないと思っている

などがありますが・・・

 

焦りやタラレバで結婚すると「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔する事も少なくありません。

 

でも、どうしても彼と結婚すること以外に選択肢がないなら、結婚をする前にこれだけは絶対に行っておくべきことを考えていきましょう。

 

回避依存症の彼氏は結婚しても変わらない覚悟を持つべき

結婚したら責任感が生まれて変わるだろう。

子供ができれば彼も変わるかも知れない。

という期待は、正直あまりしないほうが良いです。

 

問題があると分かっていながら結婚をするのであれば、結婚しても変わらないー、という覚悟は必要です。

 

最近では不倫などの問題がニュースで取り上げられることが多いですが、離婚する夫婦と離婚しない夫婦の違いは、結婚する時に覚悟ができていたかどうかなのではないでしょうかー。

 

有名な人なのだから、女性は必ず寄ってくるだろう。

いつかそういった問題は起きるかもしれない。

でも、私はこの人が好きだから一緒になるー。

 

といった覚悟ができていれば、問題が起きた時にショックを受けながらも、夫婦再構築や本来の自分の幸せを見失わずに済みます。

 

でも、結婚すれば彼は私を一途に愛し続けて、不倫なんてしないわ・・・彼は私を選んだわけだし。と、結婚という契約を絶対的なものにしてしまうと絶望という後悔の淵に追いやられてしまう事になります。

 

浮気などの女性問題はもちろんですが、ギャンブル・借金・モラハラなど全てが当てはまります。

 

まずは、問題のある彼氏との結婚がいいとか悪いとかいうのではなく、その問題のある彼氏と一緒になって自分が幸せなのか、幸せではないのかをきちんと考えて覚悟する意識を持ちましょう。

 

回避依存症の彼氏と結婚するなら仕事は続けるべき

  • 俺が養ってやるよ
  • 奥さんには家にいて欲しいんだ

 

こういった甘い言葉は鵜呑みにしない方がよいでしょう。

 

もちろん問題が何もない彼氏で、仕事と家事の両立が難しい場合は専業主婦もありだと思いますが、問題ある彼氏であれば社会との関わりを断つことによって彼の独自の世界に引きずり込まれてしまう事があります。

 

例えば、俺が養ってやってる!と言いながら生活費を渡さないなどです。

 

仕事をしていれば、夫の違和感のある言動をすぐ人に相談できるので、そういった環境に身を置いておく事はとても大切です。

 

それと同じ意味で、自分の結婚前の貯金は生活費などで切り崩さないようにしましょう。

いざという時のために隠し持っておくべきです!

 

仕事と貯蓄があれば、いざという時に行動を起こしやすので自分の保身のために大切にするべきです。(結婚・妊娠・出産・育児中に何も問題が起きなければ、おおよそ大丈夫です^^)

 

男性が豹変するのは、結婚後・妊娠中・出産後・子供が幼少の頃です。

そこを問題なく過ごす事ができれば、今を楽しみつつ老後の事にシフトしていくと良いかと思いますよ。

 

彼氏が回避依存症なら自分は共依存?自分の視野を広げておく!

彼に対して結婚後の疑問があるなら、結婚する前に疑問を確信に変えておきたいものです。

 

もちろん結婚すれば何とかなる!といえば何とかなるのですが、何とかならない問題を抱えていることに気づきながら結婚をしてしまうのは危険ともいえます。

 

そのためには、自分の思い込みを解放し、歪んだ思考・フィルターのかかった思考をクリアにすると良いでしょう。

 

そして結婚生活において一番大切なのが、本当の意味で相手を理解することです。

 

ずっと一緒にいると、相手のことを理解していると思いがちですが、それこそが思考の歪み。男性と女性は脳の構造そのものが違うので、理解し合えないのが常なのです。

 

結婚後の幸せを求めるなら、その前に彼を理解し、自分を理解し、さらに彼を虜にしてから結婚に踏み切りましょう^^

 

結婚したら幸せになれるのではなく、結婚後の幸せは自ら掴み取りにいくものです。