夫に対してのイライラが治まらない!そんな時の対処法

仕事や家事・育児で忙しい妻の横で、休日はゆっくり過ごしている夫の姿を見ていると、ホント怒りが湧きあがってきてイライラしてしまいます。

それが「夫ストレス」「主人在宅ストレス症候群」と言われるものなのですが、ストレスや健康や美容に影響を与えてしまうものなので何とかしたいものです。

 

今回は、夫に対するイライラからの脱出方法について考えてみました。

家事はできるだけ楽をしてイライラを軽減

掃除は毎日するものー、なんて誰が決めたのでしょうね?

自慢ではありませんが私はほとんど掃除をしません・・・アイロンも掛けません。

 

だって、夫はいつもゆっくりしているのに、妻だけ必死で家事・育児・仕事をしないといけないなんて理不尽です。

もちろん困らない程度に・・・の手抜き加減が大事ですけどね^^

 

家事を手伝わない夫にイライラ!?

まず休みの日の家事は、掃除も休み。食事を作るのが負担なら、出来るだけ簡単に作れるものに厳選しましょう^^

アイロンがけは、アイロン不要の柔軟剤があるのでそれを使用するか、洗濯用のり剤を使うと乾いた時にパリッとした仕上がりになります。それだけでも随分と違うのではないでしょうか。

 

休日は、妻が忙しくしているのだから夫は手伝うべき!ではなく、夫がゆっくりしているのだから、妻だってゆっくりしていいですよ。

1日中は無理でも、食事の後の1~3時間は「何もしない!」と決めてゆっくりしちゃいましょう。

 

子供が小さい時はそれも難しいですが、子育ては過ぎれば全てが思い出話になります。

子育ては一時の事と割り切って、しっかりと楽しい思い出を作りましょう。

 

育児を手伝わない夫にイライラ!?

育児を手伝う夫はよく手伝うようですが、全く手伝わない夫は全く手伝わない・・・この2つのどちらかに分かれるそうですが、私の夫は全く手伝わないほうに分類にされます。

 

それどころか、赤ちゃんの夜泣きに「うるさい!何とかしろ!」と言い放ち、熱が出て夜通し看病した私を休ませることなく、少しでも休もうものなら「何やってんだ!」と怒鳴るような人でした。

 

でも、本人はそういった怒鳴りや暴言を忘れて、育児をしているつもりなのだから性質が悪いです。

 

その時は「離婚しても私が一人で育てていけるようにしてくれているんだね、ありがとう」でしたw

 

今では、すっかりお母さんっ子になった息子と毎日楽しく過ごしていますよ。

そして、自ら進んでお手伝いをしてくれるので、すっごーく助かりますし楽しいです。

 

そして子供が赤ちゃんの頃、大変な思いをしていたので今が楽♪

 

ほんと、ワンオペ育児って大変なのですが、それも過ぎてしまえばほんの短い一瞬の出来事なんですよね。なので、大変ながらでも手抜きをしながら、楽しく育児をして欲しいなと思います。

この際、旦那は放置で良いでしょう。

夫が老後に1人寂しく過ごすことになっても、それは本人の自己責任。私の知った事ではないのですから・・・♪

夫に対するイライラの原因はどこにある?

妻は家事や育児で忙しい思いをしているのに、ゆっくり休日を満喫している夫を見ているとイライラするのは当然です。

だから妻自身も休日はゆっくりすればいいのに・・・それができないのですよね。

 

なぜなら、何も手伝ってくれない夫にイライラするのは表向きの感情で、実はその裏に本当のイライラの原因が潜んでいることがあります。

きっと、自分の中のもう一人の自分が「本当の私に気づいて欲しい」というメッセージを送っているのではないでしょうか。

 

旦那を嫌いだということを認めたくない自分がいるのかも?

この先、ずっと夫婦であり続けるためには、お互い好きで愛し合っていかなければならないー、そんな思いから、夫のことが嫌いでも“嫌い”と認められないことがあります。

でも、人の感情は変わるものです。

 

夫の事を好きな時もあれば嫌いな時もある。

 

もし夫の顔を見ただけでイライラするのなら、「私は今の旦那が嫌いなんだねぇ・・・」と考えてみてはどうでしょうか。

嫌いなんだから顔を見なければいい。

嫌いなんだから相手にしなければいい。

と割り切る事ができるようになるので、意外と楽になるものです。

 

もちろん好きがずっと続かないように、嫌いもずっとは続かないのできっと大丈夫でしょう。

 

幼い頃の心の傷が騒ぎ出しているのかも

幼い頃に褒められた経験が極端に少ない、兄弟で比べられながら育った、過保護・過干渉・虐待など、様々な要因で幼心というものは傷ついてしまいます。

そこで家事をこなす妻に感謝をし「ありがとう、助かるよ」と声をかけてくれる夫なら傷も癒されますが、そうでないなら、自分で何とかするしかありません。

 

そこで、今頑張っている自分を自分で褒めてあげましょう^^

あとは、頑張ったご褒美に自分の好きなお菓子を用意しておく。

などが有効な事もあります。

 

後は、「妻業はここまで!」と決めて、それ以降の時間は自分のために使う時間に充てる。もちろん夫に宣言してもいいですね。

私は夜の8時になったら子供に「かーちゃんの母親業、終了するね~」と言って寝たふりをします。すると私に歯磨きをして欲しい息子は急いで寝支度を始めますよ。

歯磨きが終わったら母親業は終了。その後、息子と夫が遊んでいても放置して寝たふりをしています。

それはそれで、息子と父親のコミュニケーションの時間なのでいいかなと・・・w

 

そうやってー、というのが正解かどうかはわかりませんが、とにかく自分で自分の事を大切にする時間は、家事を放っておいてでも確保したほうがいいのかも知れません。

 

夫へのイライラの原因はホルモンバランスの崩れが原因のことも

ホルモンバランスの崩れと言うのは、いわゆる脳内物質の分泌の減少です。

脳内物質には、ストレスや痛みを和らげる、不安感を抑えるなどの働きをするものがあり、この物質の減少は精神的に与える影響は大きいです。

 

結婚という環境の変化でもストレスは大きく、さらに妊娠・出産でホルモンバランスは大きく変化します。

 

そのまま家事や育児に追われて、ホルモンバランスが整えられていない可能性はありますよね。

 

症状としては、精神的に不安定だったり、疲れやすい、寝ても疲れが取れない、毎日が楽しくないなどがあり、年代によってはプレ更年期・更年期なども懸念されます。

 

私は40歳を過ぎて常時イライラしていたのですが、これで治まりました。

累計販売数170,000箱突破!大人気プラセンタサプリ

本当は肌の老化が気になって飲み始めたんですよ。

でも、体が軽く感じて動く事が苦にならないし、家事もささっと片付けられるし・・・肌はもちろん体も若返った感じがして毎日が楽しくなりました。

私が飲んでいるプラセンタサプリは、黒ニンニクも配合されているのでそのせいもあると思いますが、ED気味だった夫とのレスも解消。

試してみる価値はあるのではー?と、思います。


※画像をクリックすると公式サイトに繋がります。