モラハラ夫に無視される時の原因と対処法

モラハラ夫に対する悩みの一つとして、無視されるから辛い、どうしたらいいか分からないというのは、とても多いです。

2~3日の無視であれば夫婦喧嘩の延長と捉えることもできますが、1か月以上続くと精神的ダメージが大きく、妻だけではなく子供に影響することがあります。

 

夫の無視が長期に渡る場合どうしたらいいのか・・・

まずは原因を知る事、そして対処方法を考えていきましょう。

 



モラハラ夫が無視する原因について

長期に渡る無視は、モラハラといっても間違いではありません。

でも、延々と無視し続ける夫に「それはモラハラだ!」というのは、ぬかに釘、何の意味もないどころかエスカレートさせてしまう可能性があるので気を付けましょう・・。

 

そもそもが、男性は脳の構造の違いによって、女性の“おしゃべり”が苦手です。

 

そして結婚して責任ができたことに対するプレッシャー、仕事などのプレッシャーで疲れているところに、妻の何気ない一言が気に障り普通ではあり得ない行動に出てしまうことがあります。

 

それが“無視”です。

 

でもやはり、「妻の何気ない一言」は悪気がないので、通常の男性であれば聞き流すかもしくは気にしない程度のことなのですが、中には、自分が無視をするという状況を作るために、策略する人もいます。

 

だから無視をする原因は、

  • 妻を支配下に置くための策略の一つ
  • 精神的に子供である
  • 浮気をしている

この3つのどれかに当てはめて考えることができます。

 

もちろん夫に無視をされれば、妻は自分が悪いのだと考えます。

そして、夫が再び機嫌よく会話をしてくれるように、必死になって話しかけたり仕えたりします。

 

これを簡単にまとめると、無視する方が回避系無視される方が執着系

この根本的な性質が、それぞれに作用しているのが無視が長期に渡る原因だと考えることができます。

 

よって、無視をされている妻が夫に執着すればするほど、無視をしている夫は回避(無視)の方向に走ってしまうのです。

 

モラハラ夫に無視をされた時の考え方

正直にいうと、モラハラ夫に無視をされてどうしたらいいのか分からない・・・という妻側の悩みが私にはよく分かりませんでした。

 

だって、無視されていても実質的な被害は何もないんですよね?

 

それどころか

「あれやっといて」「コレやっといて」「〇〇買ってきといて」という指示がない。

「おかえり」「いってらっしゃい」を言う必要がない。

何かをする時に、いちいち了承を得る必要がない。

 

といった状況が、とても羨ましいなと思うのですが・・・?

 

そもそもが、無視をされて辛いというのは、自分の価値を夫に委ねてしまっているから、無視をされることによって、自分の存在価値がないような感じがして辛いのですよね。

 

夫が認めてくれて、私ははじめて存在価値がある。

夫が認めてくれない私は、存在価値がない。

 

だから、夫の一挙一動に不安を感じて怯えてしまうのです。そして、不安を感じて怯えている妻は、夫の目には魅力的には映らず余計にイライラしてしまう。

 

まずは、この悪循環を断ち切ることが大切です。

 

そのために大切なのは、夫に対しては何もせずに、自分で自分を大切にする努力をする。この思考を持つ事です。

 

モラハラ夫に無視をされた時の対処法

モラハラ夫が無視をするというのは、自分が怒っていることを妻に示すための計算上の行動の一つで、無視をしていても困ることが何もなければ、そのまま長期化します。

 

なので、妻としては夫に気を使っているところを見せつつ、夫に支配されない自分を見せつつ、夫の想定外の行動を起こすと良いでしょう。

 

夫に気を使っているところを見せる=妻の業務の続行

急に態度を変えてしまうと、逆にモラハラのスイッチを押してしまう危険があるので、いきなり食事を作らない、無視をする、といった行為はあまりおすすめできません。

まずは、日頃している“妻としての業務”はそのまま継続するのが望ましいです。

 

でも、無視し続ける夫に愛情のこもった妻の行いを見せる事は難しいし、する必要もないので、あくまでも見せかけで対応しましょう。

例えば

・食事は作るのが面倒臭いのでレトルトを手作り風にお皿に盛る

・自分が好きな物・食べたいものを中心のメニューにする

・布団を干す、布団カバーやシーツを洗う日数の間隔を空ける

・掃除は気になるところだけする

などです。

 

全く家事や挨拶をしないのは、逆に敵意を感じさせてしまうので、敵意を感じさせずに、夫が「あれ?」と思っても無視している最中なので何も言えないというギリギリラインを攻めてみる。

これも意外と楽しいものです。

 

夫に支配されない自分を見せる

夫の無視が辛くて、つい涙がポロポロ流れる妻。

そんな妻に対して「なんで?気持ち悪い」と言ってしまうのが、モラハラ夫です。

 

でも、口が悪い夫はともかく、夫に無視されるのが辛くて涙が止まらないという妻の精神状態は、とても危険です。

まだ涙が流れるうちはいいのですが、それが悪化すると悲しくて辛いのに涙すら流れなくなってしまう最悪の状態にもなり兼ねません。

 

まずは、自分の存在価値を全て夫に委ねてしまっている自分に気づき、自分の存在価値は自分で決めるものと言う風に、自分自身に取り戻しましょう。

 

恐らく今までは

  • 夫は妻を大切にするべき
  • 夫は妻を幸せにするべき
  • 夫は妻の味方でいるべき

 

こんな私を愛してくれるのは、夫しかいないー。

 

と思っていたはずです。

 

でも、ここで気持ちだけを切り替えることで、夫に支配されない自分になれるものです。

  • 夫は夫、私は私。
  • 自分のことは自分で大切にする。
  • 自分の幸せは自分で責任を持つ。
  • 自分の一番の味方は自分でしかない。

そうやって創り上げた世界の、ほんの一部分だけを共有するのが、夫婦なのです。

 

でもあくまでも、自分の中で考え方だけを、こっそり変えていくのが良いでしょう。それだけでも相手にも徐々に影響が出てくるので大丈夫です。

 

そして、これはあくまでも途中経過であること。乗り超えなければならない壁の一つでもあります。

 

夫にとって想定外の行動をしてみる

あなたの夫にとって、あなたの想定外の行動って何でしょうね?

 

想定外と言っても、離婚届を突き付ける、家出をするなどの、敵意むき出しのものではなく、もう少し可愛らしいものが良いかも知れませんね。

かといって、わざとらしくないもの。

 

難しければ、通常の行いのなかに「あれ?」と夫が反応することもあるので、無理して行う必要はないかも知れませんね。

 

モラハラ夫の無視の対処法まとめ

夫に無視をされると居心地が悪く、寂しさなどから辛さが増すものです。

 

でも、その寂しさを癒す対象をモラハラ夫に設定するのは危険を伴うので、他のモノやヒトに癒しを求める対象を移行する必要があります。

 

そして夫に“無視をしているのに居心地の良い環境”を作り続けると、夫はそのほうが楽だし何の不自由もないので無視は長引くことを知っておくとよいです。

でも、あからさまに不自由を感じさせてしまうと、モラハラスイッチが入ってしまうので注意が必要です。

 

そして、もう一つ。不倫や浮気の可能性はありませんか?

 

自分自身が何らかの精神障害を発症していませんか?

 

どうしても夫に依存している自分から抜け出せないという事はありませんか?

 

モラハラ対策と言っても、年齢が若ければ長期に渡ることも多いです。だから、総合的に考えて離婚できるなら離婚して、新しい幸せを探したほうがいいですよ。

というのも、仮に、モラハラが解消しても、心の奥底にある“夫が怖い”という感覚は薄くはなっても完全に消す事はできないのですからー。

 

もし今すぐには無理でも、その準備だけはしておきましょう。